lunar0 log

(転載禁止/許可したものはそれとわかるように書きます)

ロータリエンコーダのノブを作る

MJF方式の3Dプリントは独特の渋い質感があって良いので,ノブでもひとつ作ってみようかと思い立って試してみた.秋葉原あたりで売られているノブはどうも機能一辺倒で,多少滑ったりしても良いから見てくれのよいものが欲しいという向きにはあまり良いものがない.これは滑りやすいことを除けば案外よくできたものだと思う.もう少し鈍い光沢で,かつ角が立ってくれると良いのだが,あまり高望みするものでもないかもしれない.

f:id:lunar0:20180810220809j:plain f:id:lunar0:20180810221803j:plain

DMMに頼んだところ斜めに積層されてしまったので,微妙に歪んでいるように見えるのが気になっている.高い送料を我慢してShapewaysなどの積層方向指定サービスを使うか,DMM宛に見積を取ってみるかである.

まずはプロトタイプということで,側面にテーパのついていない円筒形と,膨らませた七角形を試してみた.円筒形のほうは何にでも馴染みそうだなと思うが,七角形のほうも粗く皮をむいた大根のような質感で捨てがたい.七角形のほうに関していえば,天面をフラットにしなくて良かったと思う.

f:id:lunar0:20180811020912p:plain:w400
正七角形の各辺をその両端を通る円弧で置き換える.円弧の中心は辺の反対側にある頂点

寸法は直径14mm×高さ18mm.

なお,MJFの3Dプリントで何かしら作ろうと思ったのはそもそも以下のツイートがきっかけ.瓦や中国の古い石畳のような色合いに見えてとても良い.