lunar0 log

(転載禁止/許可したものはそれとわかるように書きます)

Unity で DDS を読む

概要

Unity で画像をランタイムに読み込みたいとき,速度を重視するならば DDS 形式が便利.Mac では変換に使えるソフトが少ないが,圧縮率を試行錯誤する必要がなければ crunch-osx が便利.

追記: fnord software がDDSを読み書きできるオープンソースの Photoshop プラグインを公開している.ありがとう fnord software ??????

経緯

問題

Unity に100枚くらいのスカイボックス(=600枚の4K×4K画像)を読み込ませたらデータが壊れた.10枚くらいのときは動いていたのでバグなのだろうが,泣いていてもしょうがないのでワークアラウンドを考える.

方法1: WWW.LoadImageIntoTexture()

Unity - Scripting API: WWW.LoadImageIntoTexture

利点
  • 簡単
  • JPG, PNGが使える
  • テクスチャをあらかじめ DDS に変換しておく手間がない
欠点
  • 遅い(小さな画像では気にならない)

方法2: Texture2D.LoadRawTextureData

Unity - Scripting API: Texture2D.LoadRawTextureData

利点
  • 読み込みが圧倒的に速い
欠点
  • 使い慣れたファイル形式が使えない
  • DDSに変換するのが遅い

結果

方法1を試したらテクスチャのロード時間が体感的に長かったので,方法2を使うことにした.面倒なので測定はしていないが,体感的に問題にならなさそうだったらわざわざ DDS に変換する必要はないだろうと思われる.画像を DDS に変換するにはそこそこ時間がかかる.1枚30秒〜1分くらい? 少なくとも Unity が JPEG を読み込むよりも遅い.

DDS を読み込む具体的な方法は Can you load dds textures during runtime? - Unity Answers を参照のこと.

注意点

そのまま Unity に読み込むとテクスチャが上下反転されるので, crunch-yflip オプションを使う.たぶん OpenGL が左下原点なのと関係があるのだろう.

$ crunch -dxt1 -fileformat dds -mipmode none -yflip -file inputimage.tga