lunar0 log

(転載禁止/許可したものはそれとわかるように書きます)

Bluetooth ヘッドホンアンプ

概要

作業場用に audio-technicaBluetooth ヘッドホンアンプ ATH-PHA50BT を買った.机の上に余分なケーブルが走ることがなくなるのと,離席のたびに付け外しをしなくてよくなるのが利点.(メーカー公式webサイトの情報

f:id:lunar0:20160618200321j:plain

評価

外観

デザインがソニーの二番煎じっぽいのはやや(かなり?)マイナスだが,全体的によくできている.アルミのローレットや光沢のある樹脂部品が安っぽいのは,値段を考えれば致し方ないのかもしれない.

ほとんどの場合ジーンズで過ごしているので,最も大きく目立つ面がマットに処理されているのはありがたい.

f:id:lunar0:20160618194540j:plain

操作性

椅子に座って作業をするため,冒頭写真のように左側のポケットに装着するが,この状態だと早送り・巻き戻しボタンが見えず,操作に迷うことはデメリットになりうるだろう.もっとも iTunesYouTube しか使わず,キーボードやマウスでそれらを操作する前提ならば問題はない.

クリップは比較的使いづらい部類に入るが,この重量・大きさのものをトップスに留めるというのは考えづらく,ズボンやベルトくらいにしか使いようのないこのクリップでも問題はないだろうといえる.

アンプ本体のボリュームと,接続される機器のボリュームは連動しない.これが不便だと感じる向きもあるかもしれないが,個人的には悪くないと感じた.

音質

ピュアオーディオとして考えるなら,多少面倒でも有線環境にしたほうがよいように思われるが,作業用としてはまったく問題ない.

とはいえ iPhoneMacBook から直接聴くよりはいくつかの面で良いようにも感じられなくもないが,音量を揃えて比較するのが難しいのでここでは評価しない.音が悪いと感じたら,まずはエフェクトがONになっていないかを疑うべきである.

結論

いくつかの些細な不満はあるものの,価格を考えれば,かなりよくできたデバイスだといえる.

ただ,最近はワイヤレスヘッドホンにも良いものがあるので,すべてのケースでわざわざこの手のデバイスを利用してまで無線化すべきかは疑わしい.筆者の場合 ER-4PT の遮音性能が手放せなかったので,購入を決めた.