読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

lunar0 log

(転載禁止/許可したものはそれとわかるように書きます)

多穴パンチを買った

概要

製本用の多穴パンチを買った(公式サイトAmazon アフィリエイトリヒトラブ パンチ プレゼン資料製本用 多穴 P1605).

主な目的は,次の2点.

  1. トレーシングペーパー,再生紙,ボンド紙など,好みの紙でノートを作る.
  2. 厚手の紙(157g/m2)に印刷したプレゼン資料を製本する.

利点として,

  1. ルーズリーフ用パンチと違って角穴なので,綴じたときにがたつきが起きにくい.
  2. トレーシングペーパーなどを綴じても安定している.
  3. ルーズリーフ規格の大型パンチと比較して安価である.
  4. とじ具に針金が通っており,折れにくい.

難点として,

  1. 綴じ具の入手性があまり良くない.ルーズリーフと混乱するので,店としてはあまり置きたくないのかもしれない.
  2. そもそも自作ノートをどれくらいの頻度で使うのかが不明.

以上を勘案して総合的に判断した結果(便利な言葉だ),購入することにした.綴じ具は間違えないように,通販で買えばよいのである. 

使用感

再生紙(オフィスによくあるざら紙)を綴じてみた.孔の精度は,カッターナイフのように鋭くとはいかないが,十分実用的な精度がある.

f:id:lunar0:20160219041743j:plain

続いて,トレーシングペーパー(トレペ)を綴じた結果.トレペは薄いので,付属する薄いプラスチックの表紙を付けた.さっそく打ち合わせで使ってみたが,重複するスケッチを描く必要がないのはとても良い.

f:id:lunar0:20160219042034j:plain

ほかにも,片対数方眼ノートなども作れそうだが,いまいち意味を見出せなかったので作らなかった.

プレゼン資料については,公式ページにあるとおりの使い勝手で,広告に偽りなしという具合なので,特段述べることはしない.厚紙(コクヨレーザープリンタ用セミ光沢紙,157g/m2)にも綺麗に四角い孔があく.

結論

買っておいてなんだが,個人で買うものかというと,やや悩ましい.どう考えてもインスタグラム映えするものではなく,ごつくて重い事務用品である.もちろん,会社や研究室で使うというのであれば,かなり自信をもって薦められる.

そのほか

  • とじ具には,写真に載せた透明のものだけでなく,黒もあるらしい.表紙の色調で使い分けるのがよさそうである.
  • トレペとかプレゼン資料のような,見た目最優先のものを綴じないのであれば,JIS規格ルーズリーフ用パンチのほうが後々安心の感はなきにしもあらず.
  • 折り返しのしやすさはとても魅力的.