lunar0 log

(転載禁止/許可したものはそれとわかるように書きます)

KOKUYO フィンガープレゼンター ELA-FP1 の使用感など

ヨドバシのポイントが溜まったので,たまには変なものを買ってみようかと思って注文してみたら,予想外によくできており,これはもっと知られてもよいのではないか,という話.

レビュー

(2016年1月27日時点)数日使ってみての感想.壊れたとか,あるいは予想外の使い方があったなどした場合,このページに日付つきで追記する.

商品の概要

パワーポイントを用いてプレゼンをするときに,ページ送りを手元で行うための小さな機械である.ワイヤレスマウスを手元で握っているようなものだが,そのくせ下手なワイヤレスマウスよりも高価である.

とはいえ,ついつい緊張して手に持っているものを握り込んでしまいがちなプレゼンのときにも誤動作のしにくい設計(広いバンドが指の動きを拘束するので,一定以上の力で握り込めない)になっていること,指に固定されるため手から取り落とすことが原理的にないことを考えると,それだけで4000円の価値はあるといっていい.

誤動作回避を第一に考えるなら人差し指の第二関節・親指側側面に装着するのが確実だが,やや目立つので筆者の場合は中指に装着し,握り込む形とした.このあたりは客席からの距離と,好みにもよるところであろうと思われる.

f:id:lunar0:20160127021217j:plain

表記のない対応ソフトの判別方法

キーとしては PageUp(戻る)/PageDown(進む)/B(ブラックアウト) を送っているようである.この3キーが機能するソフトならOKなので,事前に確認されたい.執筆時点で Keynote (v6.6.1) + El Capitan では動作した.

その他特筆すべき点

  • 送り機能つきレーザーポインタなどとも共通するが,システムの設定でキーリピート開始までの時間を短くしていると,意図せず数ページまとめて送られてしまったりする.この手のトラブルが起こりがちな他人*1のPCでのプレゼンでは,極力アニメーションを使用しないよう心がけたい*2
  • 電波は5m程度は届くようである.
  • 筆者の環境(MacBook Pro Retina 15" 2012)では USB 3.0 との干渉は起こらなかったが,すべての環境で起こらないことを保証するものではない.

Amazon 商品リンク

アフィリエイトのないリンクはこちら

 

*1:特にパワーユーザのPCで起こりがちのような気がする

*2:業務で他人に貸す環境をカスタマイズの塊にしてはいけないという指摘はもっともである